カテゴリー別アーカイブ: 単身引っ越し節約術

遠距離単身引っ越しの価格

 

冬季の関西から北海道への引っ越しだったため、他社では見積もり自体を拒否されたり、
見積もりをいただいても単身でも30万円以上の経費がかかるということでしたが、
プロロさんでは条件付きではあるものの、10万円で承るとのことだったので依頼しました。

その条件とは、荷物を出してから引っ越し先へ荷物が届くまで2週間程度かかり、
また、いつ届くのかも直前にならないとわからないというものでした。

およそ配達予定日の3日前あたりに、配達日の連絡がありました。

荷物がいつ届くのかがわからないということが欠点ではありますが、引っ越し予定に余裕があるのであれば、価格はかなりお手頃だと思います。

貨物列車での運送になるので、荷物が傷みやすいことから、梱包はできるだけ頑丈に行った方が良いです。

無事に大変な引っ越しが終わりましたが、忙しさのせいかストレスのせいか、便秘がちになり、こまっていました。

そんな時に新聞広告で目につき、わらにもすがる思いで試したのがこれです。

http://xn--n9jvh9a1b2mw78xozzb90w1mn.com/

お手頃ですが、私はこれですくわれました。

単身引っ越しの価格はコレで決まる!費用を抑える方法

単身引っ越し価格を安く抑えるには?

今までに引越を利用したのは2回あるのですが、1回目は3月末の引っ越しシーズンでした。

私自身初めての単身引っ越しで、相見積をとったほうがいいと友人から言われ、言われるままにやってみました。

事前打ち合わせの日、同じ日の違う時間に各業者さんとの打ち合わせを予定していたのですが、最初に来ておたれた業者さんが話好きな方で、なかなか帰られなかったため、2件目の業者さんと鉢合わせになってとても気まずかったです。

また、2回目の引っ越しのときに言われたのですが、鉢合わせをした場合、業者さんも気分を害されるようで、値引きができてもしないと言われ、1回目と2回目の価格の差が10万近くあり、とても驚きました。

価格をとにかく安くするなら○日~○日の間で、空いている日時に引っ越したいと伝えるのが一番安くなる方法だと思います。

ただし、あくまで業者さんに合わせるので、作業が午後の遅い時間から始まり、夕方までかかるのも覚悟しておく必要があると思います。

荷造りを自分でするのも少しでも価格を落とす上では必要だと思います。

相見積をするのはいいが、業者同士が被らないようにするのも大切です。

被ると正規料金(若しくは上乗せされて)で請求されます。

最終的には、今回は単身パックプランでアリさん引っ越し社に決めました。